03-5728-4460 (受付:平日10:00-19:00) お気軽にご相談ください

  1. Home
  2. 投資家情報
  3. 個人投資家の皆様へ

個人投資家の皆様へ

個人投資家向け説明会情報

2016年4月期の個人投資家向け説明会の実施については、現時点では未定です。実施が決定した際には、本ホームページ上にてご案内いたします。


事業環境について

事業環境サマリー

日本国内におけるインターネット広告の市場規模は年々増加し、2001年の市場規模は735億円であったのに対し、2015年は1兆1,594億円まで拡大しています。

媒体別に比較すると、マスコミ4媒体の市場(テレビ、新聞、雑誌、ラジオ)はいずれも縮小する一方、インターネット広告市場は拡大を続けています。2001年では、ラジオに次ぐ第5位の市場規模であったインターネット広告は、2015年にもテレビに次ぐ第2位の媒体に成長し、1兆1千億円を突破しました。(初めて第2位となったのは2009年)

インターネット広告市場が拡大している背景として、インターネットやPC、携帯電話、更には近年急速に拡大するスマートフォンの普及が挙げられます。2014年末におけるインターネット利用者は10,018万人(出典:「平成27年版情報通信白書」(総務省))にのぼり、人口普及率にして82.8%にも達しています。インターネット広告はもはや、若年層から中高年までの幅広いターゲットに訴求できる広告媒体であるといえます。
また、インターネット広告におけるアドネットワーク技術の発達が更なる市場の拡大を促進しています。例えばユーザーがあるキーワードについて検索した時に、関連の深い広告を表示する「検索連動型広告」やTwitterやFacebookの普及に伴い「ソーシャル広告」が台頭し、それに適したアドネットワーク技術が開発されています。今後も、時代のニーズに合わせたアドネットワーク技術・サービスの開発が市場拡大を牽引することが予測されます。

メニュー