03-5728-4460 (受付:平日10:00-19:00) お気軽にご相談ください

  1. Home
  2. 人材採用
  3. 社員インタビュー(プロダクトセールス部 吉留礼華)

社員インタビュー
プロダクトセールス部 吉留礼華

失敗も成長のチャンスに変えて、さらなる成長を目指す。

人と人との架け橋になりたい。

学生時代に人間科学部で学んでいた事もあり、人と人との架け橋になる様な仕事に就きたいと考えてました。世の中には素晴らしい商品やサービスが数多くありますが、苦労して生み出した成果も、多くの人に伝わらなければ意味がない・・・。それならば自分がそれを広める仕事に就き、多くの人に届ける架け橋になりたいと思い、インターネット広告業界を牽引するフルスピードに入社しました。

Web上には様々なスタイルの広告が掲出されていますが、私が携わっているのは、クライアント様が求めているターゲット層に向け、最新のアドテクノロジーを用いたターゲティングをする自社開発の広告配信プラットフォーム【ADMATRIX DSP】の広告運用業務です。サービスの特性を熟知し、配信レポートを日々チェックしながら効果改善を心がけ、少しでも配信効果が高まるような運用を心がけています。自分が実施した運用で配信効果が大きく改善されていくのでやりがいも大きいです。

失敗した時に大事なのは、いかに次に繋げるかということ。

入社2年目のある日、自分のチームの後輩メンバーが広告予算を一桁多く打ち込んで設定してしまい、10倍の金額が設定されると同時に、予算を大きく超えるペースで広告が配信されてしまっていた事がありました。翌日の数値チェックの際に気づいたので幸いにも1日分だけの損失で済み、損失額を弊社事業部で負担することで事なきを得ましたが、担当案件の設定ミスを前日に気づけなかったことが悔しくて仕方ありませんでした。いくら他のメンバー起因のミスであっても自分の担当案件に関しては責任をもって広告運用していきたいと強く思っていたので、本当に悔しい思いをしました。

誰しも失敗することはありますが、大切な事はいかに次につなげるかという事だと思ってます。このときの経験が教訓となり、配信設定のチェックは二重にも三重にもする様に心がける様になりました。また、配信後のレポートのチェック頻度も飛躍的に増えて日々数値を把握している状態をキープする様になった事で、仕事の質も上がる様になり、結果、運用担当者としてのスキルUPに繋がりました。この努力を社内からも認めて頂き、入社2年目にしてMVPを受賞を頂くと同時に、失敗してしまった時の担当営業の方からも再度信頼を頂ける様になったのは今でも嬉しく思っています。

メニュー