03-5728-4460 (受付:平日10:00-19:00) お気軽にご相談ください

  1. Home
  2. AdMatrixDSP利用規約

AdMatrixEFO利用規約

第1条(規約の適用)
  1. 株式会社フルスピード(以下、「当社」といいます)は、AdMatrixDSPサービスのオプションサービスとしてAdMatrixEFOサービス(以下、「本オプションサービス」といいます)を提供します。本オプションサービスの提供に当たり、当社は「AdMatrixEFO利用規約」(以下、「本規約」といいます)を定め、本規約及びAdMatrixDSP利用規約に従って、本オプションサービスを提供します。
  2. 本オプションサービスの利用にあたり、利用者は、本規約を遵守するものとします。
  3. 通知、当社がその他の方法で行う案内、注意事項等は、本規約の一部を構成するものとし、利用者はこれに従うものとします。
  4. 本規約とAdMatrixDSP利用規約の定めが抵触する場合、本規約の定めが優先するものとします。
  5. 本規約と申込書の定めが抵触する場合であって、本規約に別段の定めがない場合は、申込書の定めが優先するものとします。
第2条(用語の定義)

本規約で使用する用語の意味は、次のとおりとします。なお、本規約に定めのない用語については、AdMatrixDSP利用規約の定義に従うものとします。

  1. 「申込書」とは、本オプションサービスの申込みに係る当社所定の書面(サービス名、利用料、契約期間及び当社所定の事項が記載されたもの)をいいます。
  2. 「ユーザー」とは、使用するインターネット接続端末機器の種類を問わず、インターネット上のWEBサイトの閲覧者をいいます。
第3条(本オプションサービスの内容)
  1. 本オプションサービスは、利用者が別途申込書で指定した単数または複数のWEBサイト及び当該WEBサイト上の申込フォーム(以下、「対象フォーム等」といいます)からユーザーの離脱を防止する施策及び改善を目的とします。
  2. 本オプションサービスの仕様等の詳細は、当社からの提案書、料金表、見積書等によるものとします。
  3. 利用者は、タグの設置等当社からの指示に従わない場合、本オプションサービスの提供を受けられず、この場合であっても利用料の支払い義務を免れないことを承諾するものとします。
第4条(利用料に関する特則)
  1. 当社は、利用料の詳細については、申込書において定めるものとします。
  2. 利用者は、本オプションサービスについて、本契約成立の翌月分から利用料の支払い義務を負います。
  3. 当社は、利用料について、これを日割いたしません。
第5条(当社の維持責任)
  1. 当社は、当社が保有し、かつ管理する本オプションサービスに用いる設備を当社が定める技術要件に適合するよう維持に努めるものとします。
  2. 当社は、本オプションサービスの運用目的の範囲内で、当社が運用する管理画面、プログラム(効果測定用タグ、ウェブビーコンなどを含むが、これに限りません)、ツール、システムなどを必要に応じて利用する権利を保持します。
第6条(免責)
  1. 利用者は、当社が利用者に対して離脱率の改善等の成果の発生を保証するものではないことを理解し、成果の発生の有無や程度に対する異議を申し出ることは出来ないものとします。また、本オプションサービスによって計測及び算出している数値は、本オプションサービス独自の仕様に基づき、計測及び算出している数値であり、他社の提供する類似サービスとの数値の乖離が発生した場合でも、異議を申し出ることは出来ないものとします。
  2. 当社は、本オプションサービスの提供によりもたらされる成果発生の有無、データの的確性及び正確性、ならびに信頼性、保管の完全性、またはその他本オプションサービスの提供により期待される利益一切に関し、何ら責を負わないものとします。
  3. 当社は、当社の本オプションサービスの申込みの承諾前に、利用者に対して、本オプションサービスの利用に必要な設定内容を開示します。当社は、利用者が当該設定内容に承諾した時点で、当該設定内容については賠償の責を負わないものとします。
  4. 当社は、インターネット通信またはその他サーバー等システム上の環境要因による動作、及び不具合等につき、何ら責を負わないものとします。
  5. 利用者は、対象フォーム等に関して一切の責任を負うものとし、第三者との間で何らかの紛争が発生した場合には、自らの責任と費用においてこれを解決するとともに、当社に何等の迷惑及び損害を与えないものとします。また、当社は利用者の対象フォーム等の内容について、一切の責任を負わないものとし、当該対象フォーム等に関する紛争に起因して利用者に生じた損害について一切の責任を負わないものとします。
  6. 当社は、利用者の行為については一切責任を負わないものとし、利用者は、第三者との間で紛争が生じた場合には自己の責任と費用により解決するとともに、当社を免責し、当社に損害を与えた場合には、当該損害を賠償する義務を負うものとします。
第7条(有効期間)
  1. 本オプションサービスは原則として6ヵ月を最低利用期間とし、本契約の有効期間は、当社が本オプションサービスを有効とし、システム情報を配信開始した日から6ヶ月間を経過した日の属する月の末日までとします。
  2. 利用者または当社から本契約期間満了の1ヶ月前までに書面による本契約を終了する旨の意思表示がなされなかった場合には、本契約は同条件で更に本契約の契約期間と同期間更新されるものとし、以後も同様とします。
  3. 当社は利用者に対して、本契約期間満了の1ヶ月前までに本契約の変更内容を通知することにより、更新後における本オプションサービスの種類、内容、利用料ならびにその他の契約内容を変更することができるものとする。
  4. 本条第1項の規定にかかわらず、利用者が契約期間の途中に本契約の解約を希望する場合は、当社に対して書面により通知するとともに、本オプションサービスの月額費用に残りの契約期間の月数を乗じた金額を解約手数料として支払うことにより解約できるものとします。なお、当該解約の効力は当社がその通知を受領した日の1ヶ月後の日に発生するものとし、当該日を解約成立日とします。
  5. 利用者は、いかなる理由であっても本契約が終了した場合、本契約において許諾されたすべての権利を失うものとします。なお、本契約の終了前に本契約に関して生じた利用者の本オプションサービスの利用料金の支払い等一切の債務は、その履行が完了するまで消滅しないものとし、また、当社は利用者に対する損害賠償請求権を失わないものとします。
第8条(禁止行為)
  1. 利用者は、本オプションサービスの利用にあたって、以下の行為を行わないものとします。
    1. 当社または第三者の著作権、商標権等の知的財産権、プライバシーまたは肖像権、その他権利を侵害する行為または侵害するおそれのある行為。
    2. 当社若しくは第三者への誹謗、中傷または名誉若しくは信用をき損する行為。
    3. 当社または第三者への詐欺または脅迫行為。
    4. 当社または第三者に不利益若しくは損害を与える行為、またはそれらのおそれのある行為。
    5. 本オプションサービスの運営を妨害する行為、またはそれらのおそれのある行為。
    6. 第三者になりすまして本オプションサービスを利用する行為。
    7. 本オプションサービスの利用に際して、虚偽の内容を入力あるいは申請する行為。
    8. 当社若しくは第三者の設備、当社の業務の運営または第三者による本オプションサービスの利用に支障を与える行為。
    9. 当社のネットワークやインターネット網、それらに接続されたサーバー設備等に不正にアクセスする行為。
    10. コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為、または第三者が受信可能な状態で放置する行為。
    11. 法令に違反する行為、またはそのおそれのある行為。
    12. 公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為。
    13. 前各号のいずれかに該当する行為が見られる情報またはデータ等の入手をリンクする等の手段によって容易にさせ、その行為を助長する行為。
    14. その他、当社が不適当と判断した行為。
  2. 当社は、利用者が前項に定める行為のいずれかを行った場合、本オプションサービスの提供を停止または相当期間を定めて当該違反を是正するよう通知し、利用者がこれに従わないときは、何等の通知・催告なくして本契約の全部または一部を解除することができるものとします。なお、当社が本オプションサービスの提供を停止または本契約の全部または一部を解除したことにより、利用者に生じた損害について一切の責任を負わないものとします。
第9条(本オプションサービスの中止または停止)
  1. 当社は、次の各号に掲げるいずれかの事由が生じたときは、本オプションサービスの提供を中止または停止し、または当社の判断により必要な措置を行うことができるものとします。
    1. 本オプションサービスの提供に利用される当社の電気通信その他の設備等(以下、「本オプションサービス用設備」といいます)に、当社の故意または重過失なくして動作不具合が生じた場合、もしくは障害が生じる恐れがある場合。
    2. 本オプションサービス用設備の更新、改良または修正等を行う場合。
    3. 本オプションサービス用設備の保守等または工事等運用上もしくは技術上やむを得ない場合。
    4. 本オプションサービス用設備に接続する本オプションサービスの提供に関わる電気通信事業者またはその他の者(以下、併せて「提携会社」といいます)の電気通信設備等に動作不具合が生じた場合。
    5. 利用者が第8条(禁止行為)1項各号に定める禁止事項を行った場合。
    6. 利用者の行為が当社の電気通信設備に支障を及ぼし、当社の業務遂行に支障が生じると当社が認めたとき、またはその恐れがある場合。
    7. 提携会社が本オプションサービスの提供に必要な情報及びシステム提供を停止または中止した場合。
    8. 法令等により、政府機関または本オプションサービス用設備に接続する提携会社等が当社へのサービスの提供を中止または中断した場合。
    9. 法令等に基づき、災害の予防もしくは救援の必要がある場合、通信もしくは電力供給の確保の必要がある場合、または秩序の維持に必要な通信その他の公共の利益のために、緊急を要する通信を優先的に取り扱う必要がある場合。
    10. 戦争、暴動、騒乱、停電、火災、地震、噴火、洪水、津波、官公庁からの命令または当社、提携会社等の労働争議等の不可抗力が発生した場合。
    11. 緊急を要する合理的事由があると、当社が認めた場合。
    12. その他、当社が営業上または技術上やむを得ないと判断した場合。
  2. 当社は、前項の規定により本オプションサービスの提供の中止または停止をしようとするときは、あらかじめ利用者に通知するものとします。ただし、前項第7号または第8号に該当する場合または緊急やむをえない場合はこの通知を行わずに停止する場合があるものとします。なお、通知を行わずに停止をした場合は、事後速やかに停止の期間、その他必要な事項を利用者に通知するものとします。
  3. 当社は、本条第1項の規定により本オプションサービスの提供を中止または停止した後、当該中止、または停止に係る事由が解消され、サービス提供の再開が可能と当社が判断したときは、当社は、利用者に対する本オプションサービスの提供を速やかに再開するものとします。
  4. 利用者は、当社の重過失による場合を除き、当社が本オプションサービスの提供を中止または停止したことより、利用料の支払い義務を免れないものとします。
  5. 当社は、本条に基づき、当社が本オプションサービスの提供を中止または停止した場合であっても、利用者に生じた損害ならびに不可抗力により利用者に生じた損害について一切の責任を負わないものとします。ただし、当社が重過失により本オプションサービスの提供を中止または停止させた場合にはこの限りではありません。
第10条(損害賠償)

利用者及び当社は、本契約に違反し相手方に損害を与えた場合、本契約の解除の有無にかかわらず、その損害を賠償するものとします。なお、当社が賠償する場合、通常かつ直接の損害に限って賠償するものとし逸失利益を含む間接損害については賠償しません。また、当社の本オプションサービスの提供に関連して発生した損害賠償の額は、当社の故意もしくは重過失による場合を除き、利用者が当社に支払った当該損害が発生した月における利用料の総額を賠償金額の上限とします。

第11条(再委託)

当社は、本オプションサービスの提供業務の一部、または全部につき、当社の責任において第三者に再委託することができるものとします。

第12条(本オプションサービスの変更等)
  1. 当社は、事前に通知、その他の手続きをすることなく、本オプションサービスの内容の変更等をできるものとします。ただし、利用者にとって不利な変更等の場合は、当社は事前に通知するものとします。
  2. 当社は事前に通知することで、利用者の承諾を得ることなく、本オプションサービスの全部または一部を休廃止できるものとします。

以上

【2016年8月10日施行】

メニュー