03-5728-4460 (受付:平日10:00-19:00) お気軽にご相談ください

  1. Home
  2. 会社情報
  3. フルスピードの挑戦

フルスピードの挑戦

より良い広告の仕組みを創ることで、日本そしてアジアのネットユーザーのネットライフをより豊かに―

世界のインターネット広告ビジネスは、現在10兆円規模の市場を形成しており、Google、Yahoo!、Facebookなどに代表されるグローバル企業が牽引する高収益ビジネス領域の一つとして注目を浴びております。一方、日本のインターネット広告市場も、直近10年間で約10倍の市場へと成長を遂げており、広告メディアの中でTVに次ぐ第二の市場を形成しております。この背景には、インターネット広告ビジネスの基盤を支え、当社が競争力を有するアド・テクノロジーの目まぐるしい成長と変革の存在があります。

インターネット広告市場の大半を占める検索連動型広告(ユーザーが検索するキーワードに関連する広告が表示される)とディスプレイ広告は、ユーザーの検索キーワード情報や媒体のターゲット属性情報に基づき想定されるターゲットユーザーに対して配信されており、TVやラジオといった旧来型のマスメディアでは成し得なかったターゲット広告配信を可能としてきました。

ここ数年、通信環境及びデータセンターなどのインフラの整備や、ビッグデータ解析技術などの飛躍的な成長を背景に、単純なターゲッティングとは異なる新しい広告手法が複数生まれております。例えば、当社が主力事業として営むDSP(Demand Side Platform)と呼ばれる広告領域においては、証券取引所の株式売買取引のように、買い手・売り手間で、コンマ0.01秒単位で広告枠(在庫)の入札を行い、リアルタイムに広告配信できる市場が整備されつつあります。つまり、個々のネットユーザー(ユニーク・ブラウザ)単位で、男女、年齢などの個人属性から、過去の購買履歴や位置情報、天候などのマクロ情報に至るまで、膨大なデータを収集・分析・判断し、ユーザーにあった適切な広告クリエイティブを瞬時に配信する仕組みがあります。当社において開発を進める一連のアドテク領域の技術が、さらに発展することで、今まで以上に高い精度でのターゲッティング広告が実現することとなります。 アド・テクノロジー領域の技術革新が世の中にもたらすものは、広告主にとっては、「広告予算の効率配分」や「ROIの最大化」の実現にありますが、一方で、広告の受け手であるネットユーザーにとっても、非常に高い付加価値を創造しています。高度なマッチング技術の登場により、ネットユーザーは興味レベルの低い広告から解放され、ユーザー一人ひとりがその時、本当に必要としている情報を広告により得る機会が増えていくことを意味しています。 “あらゆるネットユーザーがインターネットをもっと快適に、より便利に利用できる世界が実現されること。”そのことこそに、当社が存在する意義はあります。

当社は、2001年の創業以来、SEOビジネスを基軸に、リスティング広告、アフィリエイト広告、ディスプレイ広告、ソーシャル・メディア・マーケティングなどのインターネットマーケティングの各種サービスの提供に取り組んでまいりました。また2007年には、東証マザーズへの上場を果たし、最適化に関するコア技術をもとに、持続的な成長と発展を遂げてきました。

2010年より、フルスピードはフリービットグループに加わり、新たなステージへの成長と、その実現に向けて再出発を図っております。フリービットグループは、「Web to SiLK(インターネットを絹のような滑らかなネットワークに)」の実現をビジョンとして掲げており、アドテクノロジーインフラ事業を担う当社フルスピードの存在意義としては、単に通信環境インフラを提供することのみならず、クライアントユーザーに対し、高付加価値な広告サービスを提供するとともに、ネットユーザーに対してより豊かなネットライフを提供することにあります。

当社は、ネット広告ビジネスをインターネット社会における重要な社会インフラの一つと位置付け、お客様(広告主)とネットユーザーの双方にとっても、より豊かなインターネット社会の実現に向け、これからも挑戦を続けます。

株式会社フルスピード 取締役会長 田中伸明

メニュー